お洒落なライト

原理について

家に灯った灯り

LEDは近年急速に進化をして私達の生活に身近なものになり、よく耳にする機会も増えたと思います。そもそもLEDと発光ダイオードと呼ばれ、半導体という物質から作られています。半導体とは電流を流す物質である導体と電流を流しにくい物質である絶縁体の中間のものを指します。半導体にはp型とn型とふたつ種類があります。このp型とn型を接続させるとダイオードが出来ます。ダイオードは電流を片方だけにしか流さない性質を持っています。LEDは電荷の移動の性質を利用して発光させます。ひと昔はまだまだ輝度が小さく用途も少なかったですが今では高輝度のものが開発され照明器具やディスプレイなどにも多く使用されるようになりました。

このように発展がめざましいLEDは今後蛍光灯に変わり照明器具の主流になると考えられます。LEDが照明器具として優れている点はいくつかあります。まず一つ目は蛍光灯に比べ寿命が長いことです。LEDは長寿命で数万時間を謳っている製品もあります。コストはLEDが高いですかランニングコストはLEDが優れています。二つ目に消費電流が小さいので電気代が安く済むということです。三つ目にプログラム制御が出来るので明るさや色合いを調整することが出来るます。他にも蛍光灯と違いガラスではなく樹脂なので安全で軽いです。このようにエコでおしゃれな照明器具として注目され各メーカーはしのぎを削って新製品を投入しているので今後も目が離せません。